3月からFRBの金融政策はどう動いて行くのか アメリカ経済と金融政策に詳しい小野亮氏が解説

印刷
A
A

――エネルギーの面を見ると、ロシアへの制裁によって、ロシアと欧州が打撃を受けますが、アメリカにはむしろプラスに働くと考えられますね。

エネルギーの面ではそうだろう。市場におけるOPEC(石油輸出国機構)のシェアやアメリカのシェアは高まることになる。ロシアからの輸入が減る分をそこが代替しなければ、欧州がもたないからだ。

ただし、ニッケルの問題に見られるように、これから鉱物資源の不足も広がってくる。こうしたさまざまな問題が噴出する中で、ロシアへの海外からの直接投資の規模は4000億ドルあるので、ひも付いた証券化市場にも影響を与えて金融市場にもストレスが掛かることが十分考えられる。

エネルギーではアメリカは強いが、金融市場におけるクレジット・ショックには敏感なので、2022年第1四半期についてはゼロ成長に陥るということもありうる。ただそのまま悪化していくかといえば、そうではない。底力があり、翌期には回復するという形になると思われる。

ロシアからの天然ガス停止が最大のリスク

――今もってロシアは天然ガスを欧州に供給し続けているわけですが、これが止まればたいへんなことになりますね。ドイツのショルツ首相も「代替策がない」とコメントしています。

それはかなりのリスクシナリオで、ロシアにとっても欧州にとっても1カ月ももたないという話になる。金融市場を通じてアメリカも含めた世界経済への打撃となるので、さすがにそこへ行く前に停戦協議をまとめるという方向になるだろう。

その場合はウクライナとロシアだけでなく、EU(欧州連合)も入った協議になるのではないかと思う。ミンスク合意(2014年にロシア、ウクライナに仲介役のフランス、ドイツが加わってまとめたウクライナ東部紛争を巡る和平合意)には非常に曖昧なところがあったので、仕切り直しをしないとおさまらないだろう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT