カローラ輸出が転機に、トヨタ国内生産の限界

だが、08年を境に円高が進行する過程で、大衆車で利幅が限られるカローラを輸出するメリットは急速に薄れてしまった。

トヨタは今年4月に、米ゼネラル・モーターズ(GM)との合弁であるNUMMI(カリフォルニア州)を清算。同社で製造していたカローラは日本国内などへ移管されたが、あくまでも緊急避難的な措置にすぎない。11年秋には米国ミシシッピで稼働する新工場に移される。さらに次期モデルの投入に合わせ、13年ごろには輸出分のほとんどが海外に移管されることになりそうだ。

トヨタの収益構造も急激に変化している。伝統的に稼ぎ頭だった北米では、金融事業を除いた営業損益が7~9月期に114億円の赤字となった。市場環境の悪化で販促費を積み増した結果だ。同時期は日本と欧州も営業赤字。アジアなど新興国での黒字に完全に依存している。

この局面で、輸出型のビジネスモデルを継続するのには限界があるだろう。1ドルが100円を超えていた時代に国内に抱え込んだ生産能力をどこまでダウンサイジングすればいいのか。100万台の海外移管も、絵空事とはいえなくなってきている。

◆トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(週刊東洋経済2010年11月20日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング