鈴木雅之「今の自分が最高」断言する自信の根源 「普遍的なラヴソング」への変わらぬこだわり

印刷
A
A
甘く魂のこもったヴォーカル力で、都会の夜を彩るロマンティックなラヴソングを数々発表している、鈴木雅之さん。ソロ活動を開始して35周年、佇まいや音楽からつねに「カッコいい大人」像が伝わってきます。その原動力、そして還暦を超えた現在だからこそ見える「カッコよさ」の真髄を直撃しました。(写真:内田裕介)
この記事の画像を見る(7枚)
1980年にヴォーカル・グループ「シャネルズ」のメンバーとしてデビュー、その後1986年にソロ・ヴォーカリストとして始動以降、小田和正さん、山下達郎さん、水野良樹(いきものがかり)さんなど、そうそうたるミュージシャンとコラボレーション。さまざまなヒット曲を生み出してきた、鈴木雅之さん。
2011年からは、東日本大震災をきっかけに、日本の名曲をカヴァーするプロジェクト『DISCOVER JAPAN』がスタート。2022年2月には、これまでを総括する『DISCOVER JAPAN DX』を完成させました。YOASOBIの「怪物」、手島 葵さんの「明日への手紙」、スターダスト☆レビュー「木蘭の涙」や、ラッツ&スター名義で発表した大瀧詠一さん提供の「Tシャツに口紅」のセルフカヴァーといった新録曲を含む、あらゆる時代のマスターピースの数々を、唯一無二のセクシーなヴォーカルで再構築。楽曲の新たな魅力をディスカバーできるデラックスな3枚組になっています。(文/松永尚久 写真/内田裕介)

どんな音楽も自分色に染め上げる表現力を磨くことにこだわってきた

(写真:内田裕介)

──ソロ活動がスタートして35周年。鈴木さんにとってこの35年とは?

鈴木:「ヴォーカリスト」という肩書きにこだわって活動してきた35年と

本記事はLEON.JPの提供記事です

言えます。ジャズやR&Bなどジャンルに特化した「シンガー」ではなく、どんな音楽でも自分色に染め上げることができる表現力を磨き、認知されること。それを、さまざまなミュージシャンやスタッフの方々、そしてファンの皆さんとともに築き上げることができたのかなと。これまでの35年の活動は、間違っていなかったという自負はあります。

次ページ「何でこんなことやったの?」と思うことをたくさんした
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT