深田恭子「年齢の概念を無力化する」3つのスキル

かわいさを保つアイドル女優は多くを語らない

写真集での活躍のほか、今でも『週刊プレイボーイ』や『週刊ヤングジャンプ』といった雑誌で表紙を飾る深田恭子さんのアイドル女優としての人気は圧倒的です(東洋経済オンライン編集部撮影)

10月15日夜、深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)がスタートしました。

昨夏に放送された第1シリーズと同様に、深田さんは真っ赤なボディスーツとアイマスクをつけた妖艶な姿を披露。映画「翔んで埼玉」の演出・武内英樹×脚本・徳永友一のコンビが手がける突き抜けたコメディーだけに、ネット上は「初っ端からぶっ飛んでる」「華ちゃん(深田さん)のアクションがカッコイイ」「面白すぎて笑いっぱなしだった」などの声で盛り上がりました。

続編が発表されたときに驚かされたのは、深田さんのライバル的なポジションに現在21歳で16歳年下の橋本環奈さんがキャスティングされたこと。「エッ、深田恭子って今、37歳なの?」と思った人も少なくないでしょう。年齢を感じさせないからこそ16歳年下女優とのライバル関係を成立させられるのです。

もう少し正確に書くと、深田さんは11月2日の誕生日で38歳。40代が間近なアラフォーです。しかし、5月に発売した写真集「Brand new me」では瑞々しいビキニ姿を見せ、その後も『週刊プレイボーイ』や『FLASH』などで年下世代に混じってグラビアを飾りました。とりわけ写真集は30代に入ってから、年1冊以上にペースアップ。写真集が話題になるたびに、「深キョンは“おばさん”とは言えない」「“アラフォー”という言葉が似合わない」「他の美魔女たちとは次元が違う」などの声があがるなど、年齢という概念を無力化するような存在となっています。

なぜ深田さんは年齢という概念を無力化させられるのでしょうか。その理由を掘り下げていくと、単に「美人だから」ではない3つのポイントがありました。それらはアラフォーやアラフィフになっても若々しい印象を与えたいビジネスパーソンにとっても参考になるものなのです。

「かわいい」を23年間絶え間なく演じた

深田さん自身は、美貌を保ち続ける一方、アンチエイジングなどを積極的に語るタイプではありません。あくまで深田さんを見る人々から「年齢を感じさせない」と見られていることが重要なのです。深田さんから「アンチエイジングを頑張っていますよ」というムードが出ていないからこそ、年齢という概念を無力化できているのでしょう。

なかでも際立っているのは、あらゆる年代性別の人から「かわいい」という同じ見方をされていること。深田さんは、「年上だからキレイに見える」「年下だからかわいく見える」「男だからセクシーさを感じる」「女だから憧れる」のではなく、ただ「かわいい」という見方をされているのです。

次ページ10代・20代のころからのイメージからほとんど変わってない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT