財政再建のアジア模範国家を目指せ、GHQ主導の戦後財政危機克服策に学ぶ

財政再建のアジア模範国家を目指せ、GHQ主導の戦後財政危機克服策に学ぶ

藤末健三 民主党参議院議員

2009年末、日本の財政赤字は約900兆円となり、対GDP比180%にも達した(地方も含む)。これは、戦時国債を乱発し財政が破綻寸前までいった第2次世界大戦終戦直前とほとんど同じレベルである。
 
戦後財政破綻と現在の財政の相違

120年前からの財政赤字の推移を対GDPで見てみると、グラフのようになる。第2次世界大戦時と現在とで、グラフの形状が驚くほど似ていることがわかる。戦時はいったいどのようにして危機を克服したのだろうか。今回は、GHQ主導という特殊事情があったとはいえ、財政危機を克服した戦後政策を学んでみたい。


(出典)参議院議員・大塚耕平事務所


(注)政府債務総額、国債は会計年度末。GNPは、1944年まで暦年、1946年以降は会計年度
(出所)『数字でみる日本の100年』(改訂第5版)より藤末健三事務所作成


戦時補償債務の状況

戦時補償債務は、企業が行った戦争中の軍事目的での設備投資や軍需品製造について、政府が支払うべき債務である。日本企業の戦時補償請求権の総額は約750億円(1946年4月1日現在の推計)に達していたとされ、1942年~45年の産業資金総供給額(約1117億円)と比較しても大きなものであった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT