菅政権の成長戦略はまったく戦略がない--リチャード・カッツ


 企業や労働市場を変えることなく、創造的破壊を起こすことなく、単に資金を使うだけでは成長率を高めることはできない。日本の問題は、制度が硬直的であるため破壊が破滅的なものになってしまうことである。職を失った中堅ビジネスパーソンが同等の待遇の別の職を得ることは難しい。そのため、日本の労働者は現在の会社で現在の仕事を守ろうとする傾向が強い。

これとは対照的に、本誌の08年1月の特集記事で記されているように、スウェーデンでは労働者が新しい仕事を得るための支援を受けている。同国の制度では、成長によって社会的セーフティネットのための資金を確保する一方、優れたセーフティネットによって人々は創造的破壊に耐え、歓迎さえしている。

日本はセーフティネットなく創造的破壊をしようとした“小泉主義者”と、創造的破壊なしで旧態依然たるセーフティネットを維持しようとする“菅主義者”の間で身動きが取れなくなっている。

(リチャード・カッツ =週刊東洋経済2010年10月30日号 撮影:今井康一)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

RichardKatz
『The Oriental Economist Report』編集長。ニューヨーク・タイムズ紙、フィナンシャル・タイムズ紙などにも寄稿する知日派ジャーナリスト。経済学修士(ニューヨーク大学)。当コラムへのご意見は英語でrbkatz@orientaleconomist.comまで。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。