JFEスチールで浮上、偽装請負疑惑の全容

JFEスチールで浮上、偽装請負疑惑の全容

JFEスチールと同社の下請け企業に対し、突然の雇い止めを受けた下請け企業の元社員4人が昨年7月に起こした裁判。両社の違法行為(偽装請負)を示唆する社内資料が10月初め、横浜地裁川崎支部に提出された。

JFEは社内の「コンプライアンスガイドブック」で、請負契約の形を借りて労働者派遣法の規制を逃れようとする行為(偽装請負)を固く戒めている。だが、一連の資料や関係者の証言で、JFEの法令順守体制に疑問符がつく形になっている。

事件の発端は昨年3月末だった。

JFEスチール東日本製鉄所京浜地区(川崎市)内の下請け企業で、従業員の雇い止めが続発。その3カ月後、元従業員らが同社やJFEを相手取って、地位保全(現職復帰)を求める裁判を起こした。

下請けは業務関与せず JFEが直接指示か

「あなたとの契約は今日で終わりだ。明日から来なくていい」

下請け企業「共和物産」(東京・渋谷区)の契約社員として働いていた渡邉伸久さん(57)が、同社の所長からクビを宣告されたのは昨年3月31日。鋼板にカラー塗装するラインでの仕事を午後3時に終えた直後だった。実は同じ日、製鉄所内では、ほかにも4人の契約社員がクビを言い渡されていた。鋼材の運搬に従事していた中井智さん(42)は、「荷物をまとめて今すぐ帰れ」と所長に通告された。

その日以降、渡邉さんや中井さんは失業に直面。50代後半の渡邉さんは今も仕事が見つかっておらず、生活保護を受給している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。