ボーイング、新小型機を2030年までに開発

737MAXの後継機について言及

[アブダビ 5日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>のマックナーニ最高経営責任者(CEO)は5日、小型機「737MAX」の後継機を2030年までに開発すると発表した。

後継機は新型エンジンを搭載する。機体のサイズは単通路機の「737」型機より若干大きくなるが、形状はほとんど変わらない。

マックナーニCEOは、特に中国などの新規参入企業が「737MAX」に似た旅客機を製造し始める可能性があるため、後継機を開発する必要があると述べた。

ボーイングは、向こう20年間で単通路機が旅客機の新規納入数の約70%を占めるようになると予測。同分野では欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>と市場シェア獲得にしのぎを削っている。

ボーイングの「737MAX」に直接競合する エアバスの小型機は、座席数150─160席の「A320」。中国商用飛機有限責任公司(中国商飛公司、COMAC)も小型旅客機を開発しており、カナダのボンバルディア<BBDb.TO>やロシア勢も競合する見通し。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。