ボーイング、新小型機を2030年までに開発

737MAXの後継機について言及

[アブダビ 5日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>のマックナーニ最高経営責任者(CEO)は5日、小型機「737MAX」の後継機を2030年までに開発すると発表した。

後継機は新型エンジンを搭載する。機体のサイズは単通路機の「737」型機より若干大きくなるが、形状はほとんど変わらない。

マックナーニCEOは、特に中国などの新規参入企業が「737MAX」に似た旅客機を製造し始める可能性があるため、後継機を開発する必要があると述べた。

ボーイングは、向こう20年間で単通路機が旅客機の新規納入数の約70%を占めるようになると予測。同分野では欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>と市場シェア獲得にしのぎを削っている。

ボーイングの「737MAX」に直接競合する エアバスの小型機は、座席数150─160席の「A320」。中国商用飛機有限責任公司(中国商飛公司、COMAC)も小型旅客機を開発しており、カナダのボンバルディア<BBDb.TO>やロシア勢も競合する見通し。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT