夢の国産旅客機 “来春離陸”まで3つのハードル

夢の国産旅客機 “来春離陸”まで3つのハードル

三菱重工業がリージョナルジェット機の本格営業を開始。P&W製新型エンジンの採用も決まった。低燃費と環境への優しさがウリだが、離陸には「空白」の壁が立ちふさがる。(『週刊東洋経済』10月20日号より)

いよいよ三菱重工業は腹を固めた。事業化の最終決定は来春だが、10月9日の記者会見では、佃和夫社長が自らマイクを握った。

「夢の実現に向け全力で検討しているMRJがATO(正式客先提案=本格営業開始)を迎えた。長く米国のパートナーにとどまってきたわが国航空機産業にとって、今こそまさにチャンス到来」

MRJは「三菱リージョナルジェット」の略称。YS11以来の国産旅客機だ。客席数70~90席。リージョナル機は主に国内路線向けで、20年間に5000機の需要を見込む。現在はカナダのボンバルディア社とブラジルのエンブラエル社が市場を二分するが、中国とロシアも参入し、一気に乱戦模様となる。

MRJはリージョナル機では初めて、主翼や垂直尾翼など全重量の30%に炭素繊維複合材を使う。機体とともに性能を左右するジェットエンジンには、米プラット&ホイットニー(P&W)製の採用を決めた。P&Wは軍事用には強いが、民生用はボーイングの最新鋭機「787」向けでも苦杯をなめた。P&WはMRJ向けを民生用エンジン復活の嚆矢とすべく、意欲的な設計を提案している。

「漸進的な改善ではなく、ゲームを変えてしまうエンジン」(P&W・フィンガー社長)。複合素材機体と新エンジンが相まって、MRJは従来機種に比べ2~3割の燃費向上を約束している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT