日産自、今期売上高予想を上方修正

利益は据え置き

 11月4日、日産自動車は2015年3月期の連結売上高予想を100億円上積みした。横浜市で3月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[横浜市 4日 ロイター] - 日産自動車 7201.T は4日、2015年3月期の連結売上高予想を上方修正した。為替変動による増収効果と車種構成の改善が寄与する。一方、世界での通期販売計画は下方修正した。販売台数は減少するが、コスト削減や為替変動による押し上げ効果があるため、利益予想は従来のまま据え置いた。

今期の売上高予想は前期比3%増の10兆8000億円となる見通し。従来は10兆7900億円を見込んでおり、100億円引き上げた。従来通り、営業利益は同7.4%増の5350億円、純利益は同4.1%増の4050億円をそれぞれ見込む。

今期の世界販売計画は、従来の565万台から545万台に引き下げた。中国が当初計画から下振れることなどを反映した。中国は従来計画の143万台から127万台に下方修正した。一方、北米は同176万台から181万台に上方修正した。

今期の想定為替レートは1ドル=104円(従来は100円)、1ユーロ=138円(同140円)にそれぞれ見直した。

(白木真紀 編集:宮崎大)

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT