日産自、今期売上高予想を上方修正

利益は据え置き

 11月4日、日産自動車は2015年3月期の連結売上高予想を100億円上積みした。横浜市で3月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[横浜市 4日 ロイター] - 日産自動車 7201.T は4日、2015年3月期の連結売上高予想を上方修正した。為替変動による増収効果と車種構成の改善が寄与する。一方、世界での通期販売計画は下方修正した。販売台数は減少するが、コスト削減や為替変動による押し上げ効果があるため、利益予想は従来のまま据え置いた。

今期の売上高予想は前期比3%増の10兆8000億円となる見通し。従来は10兆7900億円を見込んでおり、100億円引き上げた。従来通り、営業利益は同7.4%増の5350億円、純利益は同4.1%増の4050億円をそれぞれ見込む。

今期の世界販売計画は、従来の565万台から545万台に引き下げた。中国が当初計画から下振れることなどを反映した。中国は従来計画の143万台から127万台に下方修正した。一方、北米は同176万台から181万台に上方修正した。

今期の想定為替レートは1ドル=104円(従来は100円)、1ユーロ=138円(同140円)にそれぞれ見直した。

(白木真紀 編集:宮崎大)

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。