スバル「レガシィ」、あえて大きめで勝負

旗艦モデルの6代目はゆとりを持って走る

今回の改良で6代目となるレガシィシリーズ(撮影:今井康一)

「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業は10月24日、SUV(スポーツ多目的車)の「レガシィ アウトバック」、セダンの「レガシィ B4」を全面改良して発売した。両モデルとも排気量2.5リットルの4気筒水平対向エンジンを積む。価格はそれぞれ313万2000円~と、286万2000円~だ。今や同社の看板ともいえる運転支援システム「アイサイト」の最新版を全車に標準装備している。

レガシィシリーズは1989年の発売以来、多いときには国内で年間9万台を販売した旗艦車種で、今回の改良により6代目となる。同社の屋台骨を担ってきた、まさにブランドの”代名詞”ともいえる存在だ。

シリーズの中でも長く人気を誇っていたのが、ステーションワゴンモデルの「ツーリングワゴン」。1990年代のワゴンブームの火付け役となった。しかし90年代半ばをピークに、国内販売は右肩下がり。顧客の需要は次第にワゴンからミニバンへと移っていった。2013年には、シリーズ全体の国内販売が2万0880台となり、過去最低を記録した。

米国では大型化を進めたが…

顧客のレガシィ離れに拍車をかけたのが、2009年に発売された5代目の大型化だ。エンジンの排気量も、それまでの2リットルから、2.5リットルに上げられた。長年親しんできたファンからは「大きすぎる」との声が相次いだ。

大型化の狙いは、当時から最量販市場になっていた米国での拡販にあった。体の大きい米国人は、室内空間の広さを求める。当時の森郁夫社長が米国重視の姿勢を打ち出し、それが具現化し始めたのが、5代目レガシィだった。この戦略が奏功し、躍進が始まる。特にアウトバックが大ヒットし、12年にはシリーズの米国販売として過去最高の16万4680台を記録、モデル末期だった13年でも16万台を超えて高水準を維持した。これは富士重全体の米国販売台数の約4割を占める。まさに米国になくてはならない車種となった。

今回の新型アウトバックとB4(米国名「レガシィ」)は、一足早く米国で今年6月に販売が始まっている。発売以来、月当たりそれぞれ約6000台、約1万2000台前後を維持している。年間では20万台を超える水準だ。「非常に強い手応えを感じている。さっそく車が足りなくなっていますよ」と、富士重の吉永泰之社長は嬉々として語る。

次ページ慎重にはじいた国内市場
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。