東京ディズニー、「5000億円投資」の中身

「アナと雪の女王」の新規イベントもスタート

「アナ雪」イベントで入園者数は着実増へ (c)Disney

TDSでは、拡張用地を利用し、8つ目となる新エリアをオープンする。用地は古代遺跡やジャングルをテーマにした、ロストリバーデルタの南隣、現在は緑地となっている場所だ。TDSで平均的な広さのエリアで、4つのアトラクションを擁するアラビアンコーストとほぼ同規模のエリアになるという。

この2大開発がお目見えするのは、現行の中期経営計画の終了後、2017年度から2023年度にかけて。具体的な内容については順次発表するという。オリエンタルランドはTDRの価値を高め、2023年度までに入園者数を安定的に3000万人とする目標を立てているが、この大規模開発がそのキーになるようだ。

シンデレラ城のナイトショーが人気

目下のところ、TDRは絶好調だ。2013年、開業30周年の記念イベントで、年間入園者数3129万人と過去最高を記録。今年度はその反動減があることが懸念されたが、シンデレラ城のナイトショー「ワンス・アポン・ア・タイム」などが人気を集め、9月までの半年間で1510万人(前年同期比1.7%減)と、記念イベントがない中でも変わらない集客力を維持している。

10月以降もハロウィーンやクリスマスなど鉄板イベントが続き、比較的客数の少ない1月からは、「アナ雪」の新規イベントもスタートする。入園者数は着実に推移しそうだ。9月までの好調な状況から、会社は10月23日に年間入園客数の想定を2800万人から3040万人へと引き上げており、今期も10年後の目標にしている3000万人の集客力を維持できる見込みだ。

今回のビッグプロジェクト発表を受け、10月31日のオリエンタルランドの株価は年初来高値を更新した。「(開発が完了すれば)用地も広がり、3500万人はいける」(証券アナリスト)との声がさっそく聞かれる。目標とする3000万人どころか、もう一段の集客力を手にしそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT