東京ディズニー、「5000億円投資」の中身

「アナと雪の女王」の新規イベントもスタート

来年1月からは「アナ雪」のイベントがスタート (c)Disney

開業30周年だった2013年度に年間入園者数過去最高を記録した東京ディズニーリゾート(TDR)。今年度はその反動減も懸念されたが、9月までの半年間は前年同期比1.7%減にとどまり、強力な集客力を見せつけている。

この優良テーマパークを運営するオリエンタルランドは10月30日、ビッグプロジェクトの詳細を公表した。今後10年間行う5000億円投資の内容だ。投資は、大きく3つのカテゴリに分けられる。東京ディズニーランド(TDL)の刷新・拡張や、東京ディズニーシー(TDS)の新エリア開発、そのほか新規のアトラクションやショー、レストラン、ショップに2500億円、既存施設のメンテナンスなど更新改良に1500億円、そのほかバックステージなど運営基盤強化に1000億円を充てる計画だ。

ファンタジーランドは2倍の広さに

注目は、TDLのエリア再開発と、TDSの新エリア開発だ。TDLではファンタジーランドを再開発する。ファンタジーランドは、シンデレラ城の背後に広がる、開業当初からある最奥のエリア。TDLの7つあるエリアの中でも、入園客の集中度の高い人気エリアだ。

再開発の範囲は、現在のファンタジーランドの全域に、隣接するトゥモローランドとバックステージの一部を含めた部分。開発後は従来のファンタジーランドの2倍の広さになる。

同エリアには、「ピーターパン」や「白雪姫」、「不思議の国のアリス」、「プーさん」など、ディズニー作品をベースにしたアトラクションがそろう。ここに大ヒット映画「アナと雪の女王」関連の施設が新設されるのでは、という憶測も出ているが、会社側は現時点で何も確定していないとの立場だ。

次ページ2大開発の完成時期は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT