三菱電機、最高益の主役はFAと自動車機器

営業利益率は日立や東芝を上回る稼ぎっぷり

ただし、不安要素が全くないわけではない。

重電システム部門は、今上期に125億円(前年同期183億円)まで落ち込んだ。中国向けの昇降機(エレベーター)、鉄道車両用インバーターや空調装置などの交通システムが海外向けに好調だったものの、前期にあった国内原発の安全対策工事が一巡したこと、火力で大口案件が減少したことにより、部門として唯一減益になった。松山常務も「電力事業は今後も厳しい見方をしている」と説明。他部門が着実に稼いでいる中、不安材料が残った。

 三菱電機は2020年度までに売上高5兆円、営業利益率8%以上を目指し、「質のよい成長の実現」を目標に掲げている。その目標に向け、営業利益率も着実に増加させているが、2015年3月期予想の営業利益2750億円のうち、約4割をFAシステムや自動車機器などの産業メカトロニクス部門で稼いでいるのが実態だ。情報・通信部門では「ひまわり」などの衛星も手がけているが、国の政策や政府の予算に絡み、大口案件の有無に左右されやすいため、必ずしも安定的とは言えない。

結局、FAシステム事業や自動車機器事業に過度に依存しすぎない収益構造を、どう構築するか。上質で高収益の企業をめざす三菱電機にとって、さらなる飛躍を遂げるための課題だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT