「中小企業の振興」への歳出増を望む声も6割以上--東洋経済1000人意識調査

「中小企業の振興」への歳出増を望む声も6割以上--東洋経済1000人意識調査

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件、小沢一郎民主党元代表をめぐる政治とカネの問題に揺れる国会。政策議論がされないまま円高が進み、景気の先行きの不透明感が増してきている。

そのような情勢の中、国の歳出項目のうち、増やすべきものは何か聞いた。

1000人調査の声で最も多かったのは医療・介護費。次が教育。3番目が公的年金だ。景気の足踏みが懸念される中、中小企業の振興も4番目に多い。いずれも6割以上の人が増額を望んでいる。 



■性別・年代・地域別のクロス集計

■増やすべき歳出項目は何か[+クリックで表を拡大]


【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生は除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年9月22 ~ 23日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。