任天堂、「睡眠と疲労の測定機器」を開発へ

健康領域の新事業育成を目指す

 10月30日、任天堂の岩田聡社長は、都内での経営方針説明会で、健康領域の新事業について「睡眠と疲労を見える化する」と述べ、睡眠や疲労を手軽に測定できる機器を開発すると発表した。写真は、任天堂のロゴ、6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[東京 30日 ロイター] - 任天堂の岩田聡社長は30日、東京都内で開いた経営方針説明会で、健康領域の新事業について「睡眠と疲労を見える化する」と述べ、睡眠や疲労を手軽に測定できる機器を開発すると発表した。

寝ている間に身に着けずに測定できる「ノンウエアラブルデバイス」としている。

米国の医療機器メーカーと提携し、非接触センサーによる計測などの技術供与を受けるという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT