マイクロソフト、7─9月好調のワケは?

クラウド好調で市場の予想を上回る

 10月23日、米マイクロソフトの第1・四半期(7─9月)は、市場予想を上回る25%の増収となった。フィンランド・オウルで7月撮影(2014年 ロイター/Markku Ruottinen/Lehtikuva)

[シアトル 23日 ロイター] - 米マイクロソフトが23日発表した第1・四半期(7─9月)は、市場予想を上回る25%の増収となった。タブレット端末「サーフェス」や携帯電話、企業向けクラウドコンピューティング関連商品の販売が好調だった。

マイクロソフト株は時間外取引で、3%上昇した。

FBRキャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は「オラクルやIBM、SAP、VMウェア、EMCなど大手ハイテク企業の決算はさえなかったが、マイクロソフトはトレンドを逆行している。7─9月期決算はしっかりした成果と言える」と述べている。

クラウド関連が好調

マイクロソフトは、クラウド関連売上高の実数は公表していないが、企業向けクラウドの売上高は128%増、クラウドプラットフォーム「アジュール」サービスの売上高は121%増だった、と発表した。

一方、データセンターの建設や運用費用など、インフラコストがかさむなか、「アジュール」を含む部門粗利益率は194%上昇した。

エイミー・フッド最高財務責任者(CFO)は電話インタビューで「企業向けクラウドでは粗利益率が引き続き改善した。スケール効果と、効率性重視の成果が表れていることを示すものだ」と述べている。

次ページリストラ費用が圧迫
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT