マイクロソフト、次はゲーム部門に大ナタ?

主力部門は手堅いが、Xboxが懸念材料

リストラを進めるナデラCEO。決算はまずまずだったが、今後ゲーム事業をどう位置付けるか(写真:ロイター/アフロ)

米マイクロソフトは7月22日、2014年4~6月期(第4四半期)決算を発表した。1株当たりの利益は、60セントの市場予想に対して、実績が55セントと下回った。一方、売上高は229億9000万ドルの市場予想に対し、実績が233億8200万ドルと上回ることができた。前年同期比では、それぞれ18%増収、7%減益である。

4月に買収を完了し、新たに決算に組み込まれた旧ノキアは、マイクロソフトに19億8500万ドルの売り上げをもたらしたが、同時に6億9200万ドルの営業赤字ももたらした。事前には慢性的赤字を抱えるノキアの端末部門が加わることによって、業績を落とすと予想していた関係者も多かったようだ。

サーバやクラウドは順調

忘れてはならないのは、マイクロソフトの近年の成長を支えてきたサーバ部門が前年同期比16%増と、引き続き伸びたこと。さらに企業向けのクラウド事業が約2.5倍の規模に成長している事実だ。これらが牽引役となり、全体の営業利益は64億8200万ドル(前年同期比7%増)と、堅調だった。

前述したサーバやクラウドに加え、ウィンドウズの改良版投入や「ウィンドウズXP」のサポート終了に伴う買い換え需要などで、パソコンメーカー向けライセンス、企業向けライセンスの売り上げのほか、オフィス部門も着実に売り上げを伸ばしている。「オフィス」はクラウド対応で加入料金タイプのビジネスモデルに切り替わっているが、個人の加入者は100万人増えて560万人になった。

次ページ合理的なナデラCEO
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT