ソニー、テレビにAndroidを全面採用

今村社長が語るブラビア復活への道筋

新会社の社長に就任する今村氏

7月1日、ソニーのテレビ部門のみを切り出した子会社「ソニービジュアルプロダクツ」が誕生する。100%出資の子会社として事業運営されることになるが、果たして過去10年に渡って慢性的な赤字を解消できなかったソニーのテレビ部門が、分社化で立て直しを図ることはできるのか。

ソニーのテレビ部門トップで、新会社の社長に就任する今村昌志氏は6月30日、黒字化だけでなく、さらに先の事業展開に対して意欲を語った。この中で今村氏は、先日発表されたグーグルのテレビ向けAndoridディストリビューションについても言及。今後発売するソニー製テレビには幅広いモデルレンジでAndroid ”L”をベースにしたシステム開発が行われるという。

昨年より市場が拡大し始めた4Kテレビの低価格化も進んでいる。懸案の黒字化とともに、どのようにして”BRAVIA”ブランドを差異化していくのだろうか?

縦糸と横糸をうまく組み合わせたい

今村氏は「ソニーは垂直統合で独自技術をつなぎ合わせ、ユニークな製品を作ってきた。しかし今はそうした時代ではない。垂直だけでなく、水平方向の技術も活用しなければならない。縦糸と横糸をうまく組み合わせ、1枚とタペストリーを作るようなものだ」と話す。

端的な例がディスプレイパネル。サムスンと合弁で設立したS-LCDを手放して以降、ソニーはテレビ向けディスプレイパネルの生産から手を引いている。しかし市場には多くの液晶パネルメーカーがあり、そこから市場環境に適したパネルを選んで採用できる。こうした要素を今村氏は「横糸」と呼んでいる。

これに対して、他社よりも優れたダイナミックレンジ拡張技術、ローカルディミング技術、超解像技術、広色域技術、高音質化技術など、商品そのものの体験を高める要素を「縦糸」と呼ぶ。横糸と縦糸。これをどのように選び、組み合わせるかがテレビ事業を行う上では重要というわけだ。

次ページAndroid ”L”が横糸
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。