マイクロソフト、次はゲーム部門に大ナタ?

主力部門は手堅いが、Xboxが懸念材料

マイクロソフトはXboxを立て直せるのか(写真:ロイター/アフロ)

さらに今後はゲーム事業がマイクロソフトの足を引っ張る可能性もある。

「Xbox」事業を含むコンピューティング&ゲーミングハードウエア部門は、自社製パソコン「Surface」シリーズの好転や新型ゲーム機「Xbox One」の発売などで、売り上げを前年同期比23%増加させている。しかし、このうちゲーム機部門が実質的に利益貢献をしているのかというと、大いに疑問である。

というのも、マイクロソフトはXbox事業単体の収支を発表していないが、実のところ年間1000億円単位の赤字を計上している、と推測できるためだ。Xbox事業は、「Xbox360」の売り上げが低下して以降、収益性が悪化。バルマーCEOの時代には、Xbox事業とスマホ事業を合算していた。マイクロソフトの場合、特許収入をスマホメーカー各社から得ており、その利益が合計2000億円近くある。ところが前期の決算では収支が均衡しており、Xbox事業に大幅な赤字があるとしか思えないのである。

Xbox事業をどう舵取りするのか。あるいは売却してしまうのか。現時点においてナデラCEOは、ここ数年繰り返し話題になってきた懸案事項に触れていない。ただ、Xbox事業についても、そう遠くないうちに決断を下すことだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT