マイクロソフト、次はゲーム部門に大ナタ?

主力部門は手堅いが、Xboxが懸念材料

マイクロソフトはXboxを立て直せるのか(写真:ロイター/アフロ)

さらに今後はゲーム事業がマイクロソフトの足を引っ張る可能性もある。

「Xbox」事業を含むコンピューティング&ゲーミングハードウエア部門は、自社製パソコン「Surface」シリーズの好転や新型ゲーム機「Xbox One」の発売などで、売り上げを前年同期比23%増加させている。しかし、このうちゲーム機部門が実質的に利益貢献をしているのかというと、大いに疑問である。

というのも、マイクロソフトはXbox事業単体の収支を発表していないが、実のところ年間1000億円単位の赤字を計上している、と推測できるためだ。Xbox事業は、「Xbox360」の売り上げが低下して以降、収益性が悪化。バルマーCEOの時代には、Xbox事業とスマホ事業を合算していた。マイクロソフトの場合、特許収入をスマホメーカー各社から得ており、その利益が合計2000億円近くある。ところが前期の決算では収支が均衡しており、Xbox事業に大幅な赤字があるとしか思えないのである。

Xbox事業をどう舵取りするのか。あるいは売却してしまうのか。現時点においてナデラCEOは、ここ数年繰り返し話題になってきた懸案事項に触れていない。ただ、Xbox事業についても、そう遠くないうちに決断を下すことだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。