あの高級ホテルを売却、ヒルトン次の一手

約20億ドルで買うのは中国の保険会社

では今回、ウォルドフの売却で手にした資金をヒルトンはどう活用するのか。開示資料によれば、米国内でのホテル買収をする方針を示している。どれくらいの規模を考えているのかは不明だが、少なくともヒルトン自身、業界のトップ5同士のメガ再編には否定的だ。

今年7月、沖縄に開業したヒルトン沖縄北谷リゾート

この5社とはヒルトン、「スターウッド」や「ザ・リッツ・カールトン」を持つマリオット・ インターナショナル、英インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)、仏アコーホテルズを指し、「グローバルオペレーター」と呼ばれている。

昨年夏に来日した、ヒルトンのアジア・太平洋地区のマーチン・リンク社長は「各社 5~10の大きなブランドを持っており、再編効果を出すのは難しい。下位の7、8位とか、10位台の1社がメジャー5のどこかに吸収されることはあるかも しれない」と語っていた。

「日本は戦略的に重要な市場」

またその時、日本・韓国・ミクロネシア地区の運営最高責任者であるティモシー・ソーパー氏は、「日本は戦略的に重要な市場。今後物件を増やしていくことが重要で、多くの投資をしていく予定だ」と語っている。実際、今年7月には「ヒルトン沖縄北谷リゾート」がオープンした。ウォルドーフについては、「具体的な計画はまだないが、ぜひ東京地域にも1軒をという思いはある」(リンク社長)と述べていた。

今のところ、ウォルドーフの売却による資金使途は米国としているが、アジア展開の加速に役立てられる可能性もありそうだ。そして、20年の東京五輪や増え続ける訪日外国人客をにらみ、ヒルトンから”次の計画”が発表される日が来るのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。