水ビジネスの幻想と現実[2]--日本勢唯一の“独壇場”に異変、水処理膜の覇権争い

中東など水不足の地域で建設が相次ぐ海水淡水化施設。その心臓部とも言える「水処理膜」で、日東電工や東レなどの日本企業は高い世界シェアを有するが……。 

「もし海水から新鮮な水を安価に取り出せるようになれば、他のあらゆる科学的業績をもしのぐ偉業となろう」。かつてジョン・F・ケネディ元大統領はそう演説し、海水淡水化技術を国家事業として推進した。それから40年。彼の描いた近未来が、今まさに現実となっている。

中近東やアフリカなど日頃水不足に悩む国々が、海水淡水化プラントの建設を加速させている。そして海水から塩分を取り除く、根幹の役割を担うのが「膜(フィルター)」だ。

使用されるのは「逆浸透膜」という複数ある水処理膜の中でも最も目の細かいもの。20リットルの海水に入っている塩分は、これに通すとスプーン1杯(1・5グラム)にまで濾過できる。穴の大きさはわずか1000分の1ミリ、電子顕微鏡を使っても穴が空いているのかどうか確認はできない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT