「オフロード車イス」が、身障者を開放する

<動画>英ベンチャー企業の革新アイデア

ヘックスホッグは、でこぼこの道であっても、難なく走破することが可能だ

電動車イスは障害者の移動能力を向上させはしたが、そのほとんどは平らででこぼこのない地面でしか使えない。その点、イギリスのウェルシュ・エンジニア社が開発した新型6輪式全地形走行車イス「ヘックスホッグ」は全く異なり、乗る人に類を見ないオフロード走行を可能にさせ、従来では考えられなかったほどの独立性をもたらした。

ムカデのような接地性

ヘックスホッグの動力源はリチウム電池。独立して制御される6つの車輪と独自のフレキシブル型シャシーのおかげで、ほとんどの険しい地形を走破することが可能だ。

ウェルシュ社の設計者ショーン・ピアース氏は「このシャシーのおかげで6輪全てが下の地面に接地できるようになり、障害者のユーザーに安全性と安定性をもたらしました」と述べる。「一番いい例えとしては、まるでムカデのような接地性でしょうか。ムカデが全部の脚で岩場や洞窟や溝を踏破するように、あなたも走り回ることができるのです」。

ピアース氏はダ・ヴィンチ・モビリティー社とチームを組んだが、同社の専務取締役ヴィンス・ロス氏は40年前に自動車事故で脚の自由を失っている。ロス氏によれば、ヘックスホッグの座席移乗装置はきわめて重要だという。他のオフロード車イスでは操縦席に乗り込むのに他人の介助が必要だが、ヘックスホッグなら彼一人でも乗れるからだ。

ロス氏は次のように言う。「これはすごい代物ですよ。行けるなんて思いもしなかった所でも行けるんです。全く車イスに乗ったまま、どうやってもまず行けないはずの所へね」。

ロス氏は、ヘックスホッグは運転も簡単だとも言う。「普通の動力式車イスを動かしたことのある人なら、同じ感覚で操縦できます。ジョイスティックがあるので、前進するなら前へ、バックするなら後ろへ、左なら左へ、右なら右へ倒せばよく、また小型の加速ボタンがありますから、通常速度になったあと、もしもう少しパワーが欲しい、もう少し加速したいと思ったら、加速ボタンを押すんです」。

次ページ50パーセントの急こう配にも対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT