車椅子でラクラク運転、夢の自動車誕生!

<動画>時速80キロの本格派

チェコのエンジニアが、車椅子を利用している障害者が助けを借りずに長距離を移動するためにデザインされた乗り物「Elbee(エルビー)」の生産を拡大しようとしている。詳細をみていこう。

10年掛けてデザインを完璧に

クルマの前部が開口し、そこから乗りこむ独特のデザイン

67歳のフランティセック・トゥルンダは8年前に両足を切断して以来、2度とクルマを運転することはないと思っていた。だが、障害者向けの乗り物「エルビー」のおかげで、彼は運転を再開できた。

チェコのメーカー、ライト・コンストラクション・ファクトリーは、デザインを完璧にするのに10年間の歳月を費やしたが、プロジェクトマネージャーのラディスラブ・ブラッドズィル氏は、努力は報われたと語る。

ブラッドズィル氏は次のように言う。「エルビーは車椅子の方々のためのユニークな車です。エルビーの主な利点は車椅子の方々が車いすから運転手席に移る必要がないことです」。

その理由はエルビーでは、運転手は2段のタラップを使って簡単に席に乗り込むことができるからである。椅子はカチッとはまり、手を使うだけで、車を運転することが可能だ。速度は時速80kmまで出る。

この車のコンパクトなサイズは、狭い空間に縦に駐車することを可能にし、そのためドライバーは、降車の際、歩道に直接アクセスできる。

次ページ本当に特別なクルマ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。