足が電気で動く、夢の"脱車椅子"技術

電気刺激の強さで歩幅を調整

スイスのEPFL技術研究所によると、切断されたラットの脊髄に電気刺激を加えることで、麻痺したラットが無意識に障害物も超えて歩くようになった。ヒトへの臨床実験は、近くの病院に新たに導入した歩行用施設で2015年行われる。歩くことができなくなった、脊髄損傷患者に希望をもたらすかもしれない。詳しくみていこう。

電気刺激で歩くことが可能に

この研究用のラットは麻痺しているが、電気的な刺激をその切断された脊髄に適用することで、無意識ながら今は再び歩くことができる。

スイスのEPFL技術研究所の研究者らは、この研究は来年のヒトに対する応用への道を切り開いたと語る。

共同研究者であるグレゴアール・クールティーヌ氏によると、柔軟な電極をげっ歯類の脊髄に移植し電流の刺激を与え、神経伝達物質を調整する薬剤を併用した。

「実験を行ったラットは、脊髄が完全に切断され脳と脊髄の情報交換が全く行われておらず、このために完全に麻痺していました。運動を可能にするために2つのことを行いました。1つは薬理的多剤併用療法で、2つめが切断された脊髄の背側面への電気的な刺激です」(クールティーヌ氏)。

次ページ電気刺激で個体ラットの歩幅を調整
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT