近づくな、入るな!"就活塾"の危なすぎる実態

「就活ビジネス」があなたを狙っている

しかし、中には「最初の2カ月間はビジネスマナーなど就活に役立ちそうな講座を聞くことができたが、その後は募金活動や体操など就活に関係のないことをやらされるようになった。その頃からスクールに不信感を抱くようになった」というケースもあります。精神力を鍛えるためとランニングさせられたり、協調性を身に付けるためと大縄飛びをさせられたりすることもあります。

就活の相談は大学のキャリアセンターへ行こう

ひどい例としては、入会後に50万円以上もする英会話教材を購入させられた学生もいます。英語ができなくては内定を取れないなどと言われ、断り切れずに購入したのです。また、友人を紹介しろと言われて同級生を入会させたところ、友人との関係が悪化してしまったというケースもあります。

Q5:就活ビジネスでトラブルに巻き込まれてしまったら、どうすればいいですか。

クーリングオフや契約の取り消しができる場合があるので、泣き寝入りせずに全国各地にある消費者センターなどに相談しましょう。消費生活センターの連絡先はWEB上で調べることができますが、もし連絡先がわからない場合は「消費者ホットライン」0570-064-370へ電話すれば、相談に乗ってもらえます。

また、国民生活センターでは、「業者は学生に対して家族に相談しないように口止めしているケースが多いので注意すること」と、呼びかけています。一部の就活塾は学生と親を分断しようとしています。困ったときに親に相談するのは悪いことではありません。親に相談せずに、自分だけで悩みを抱えているだけでは何も解決しません。

トラブルを回避するには、合同企業説明会の会場や大学周辺での就活アンケートには答えないことです。もし、アンケートに答えるとしても、自分の携帯番号やメールアドレスなど個人情報は教えてはなりません。個人情報を教えてしまえば、業者から必ず連絡があります。 連絡があっても絶対に行ってはいけません。無料セミナー、体験講座とうたっていても、実際は強引なセールスの場にすぎないのです。

就活ビジネス関連のトラブルを抱えてしまっては、就活に集中できなくなるので十分に注意してください。就職に関する相談は大学のキャリアセンターへ行くのが基本中の基本です。最近の大学は就職支援講座を充実させています。就活塾に行くのではなくて、大学のキャリアセンターのセミナーへ出席しましょう。

就活に関する悩み、質問は、こちらにお寄せください。

(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。