松屋銀座、消費増税を吹き飛ばす

昨年の大改装で得た、たしかな手応え

株高で潤う富裕層の来店で、銀座店の売り上げは絶好調(撮影:尾形文繁)

銀座に旗艦店を持つ百貨店の松屋にとって、消費税増税はどこ吹く風だったようだ。20152月期中間期(38月期)の営業利益は、前年同期比38.1%増の76600万円で着地。通期営業利益見通しも期初の16億円から18億円へ引き上げた。

前年同月比で売り上げを落としたのは消費増税直後の4月と、天候不順に見舞われた6月のみ。それ以外の月はすべてプラスだった。

旗艦店の銀座松屋店は昨年9月に上層階に海外高級ブランドを集積させる大改装を実施、さらに今年4月には地下の食品フロアを全面改装した。

東京初出店の高級婦人靴が牽引

一般的に百貨店は、ヤング向けフロア、シニア向けフロアなどターゲットとする顧客の年齢層ごとに各フロアを展開しており、従来の松屋銀座店もその例に漏れなかった。しかし、改装では各フロアをグレードごとに分け、特に2階部分はインポートブランドの高額品を集積させる仕掛けを施した。

テナントでは東京初出店となる高級婦人靴ブランドの「ロジェ・ヴィヴィエ」の誘致にも成功。改装後の1年間(139月~148)の2階部分の売り上げは前年同期比44%増と急拡大した。

次ページ1粒1000円以上のチョコがバカ売れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。