そごうに君臨したデパート王の栄枯盛衰

そごう元会長 水島廣雄氏を悼む

王様とも怪物とも呼ばれた水島廣雄

かつての日本一の百貨店、そごうの元会長・水島廣雄が今年7月末に死去した。その独特の経営手法から「怪物」とも呼ばれた水島。いったいどんな人物だったのか。

1957年に発表された歌謡曲「有楽町で逢いましょう」。歌手・フランク永井の独特の低音も評判となり、昭和を代表するヒット曲となった。

シニア世代にはよく知られた話なのかもしれない。「有楽町で逢いましょう」のヒットの裏には、百貨店・そごうが深く関わっている。その当時、関西を地盤する小さな百貨店にすぎなかったが、会社の飛躍へ大きな賭けに出る。東京進出である。

関西から東京・有楽町へ進出

場所は有楽町。東京進出を盛り上げるための仕掛けが必要で、それが日本テレビに提供したミュージカル番組「有楽町で逢いましょう」であった。番組は大きな評判となり、のちに同名の小説や楽曲も生まれる。フランク永井の楽曲は東京店のイメージソングに使われることになる。

 「有楽町で逢いましょう」が日本人の誰もが知る流行歌になった頃、そごうにはもう一つの大きな歴史が生まれようとしていた。のちに「怪物」とも言われる水島廣雄の入社である。

帝国大学出身者が幅をきかす、エリート集団の旧日本興業銀行において、私学出身の水島は苦悩の日々を過ごしてきた。人生をリセットするにはどうしたら良いのか。親戚筋がオーナーであった関西の百貨店・そごうに転職することにしたのである。これが怪物経営者の始まりとなる。

そごう副社長に就任すると、さっそく東京店が入居するビルオーナーとの家賃引き下げ交渉に臨む。相手はただ者ではない。オーナーは読売新聞。その社主は「元祖怪物」とも言われる正力松太郎であった。

次ページ「水島マジック」で飛躍
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT