FacebookのWhatsApp買収額、218億ドルに

株価上昇で当初予定の190億ドルを上回る

 10月6日、米フェイスブックによるワッツアップ買収が完了。フェイスブック株価の値上がりを反映し、最終買収額は30億ドル膨らみ約220億ドルに達した。ゼニカで2月撮影(2014年 ロイター/Dado Ruvic )

[サンフランシスコ 6日 ロイター] - 米フェイスブックによるスマホ向けチャット(対話)アプリの米ワッツアップ買収が6日、完了した。フェイスブック株価の値上がりを反映し、最終的な買収額は当初から30億ドル膨らみ約220億ドルに達した。

フェイスブックのワッツアップ買収は、現金45億9000万ドル、フェイスブック株1億7800万株の組み合わせで行われた。この他、ワッツアップ社員に対し、今後4年で制限株式ユニット(RSU)4600万株を付与する。フェイスブックの6日寄り付き株価77.17ドルに基づくと、最終的な買収額は約218億ドルに達した。

ワッツアップの共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジャン・コウム氏は、フェイスブックの取締役にも就任する。当局への提出書類によると、同氏の年間報酬は1ドルだが、買収後もフェイスブックにとどまるようRSU2490万株を受け取る。これは6日のフェイスブック株価水準で約19億ドルに相当する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。