FacebookのWhatsApp買収額、218億ドルに

株価上昇で当初予定の190億ドルを上回る

 10月6日、米フェイスブックによるワッツアップ買収が完了。フェイスブック株価の値上がりを反映し、最終買収額は30億ドル膨らみ約220億ドルに達した。ゼニカで2月撮影(2014年 ロイター/Dado Ruvic )

[サンフランシスコ 6日 ロイター] - 米フェイスブックによるスマホ向けチャット(対話)アプリの米ワッツアップ買収が6日、完了した。フェイスブック株価の値上がりを反映し、最終的な買収額は当初から30億ドル膨らみ約220億ドルに達した。

フェイスブックのワッツアップ買収は、現金45億9000万ドル、フェイスブック株1億7800万株の組み合わせで行われた。この他、ワッツアップ社員に対し、今後4年で制限株式ユニット(RSU)4600万株を付与する。フェイスブックの6日寄り付き株価77.17ドルに基づくと、最終的な買収額は約218億ドルに達した。

ワッツアップの共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジャン・コウム氏は、フェイスブックの取締役にも就任する。当局への提出書類によると、同氏の年間報酬は1ドルだが、買収後もフェイスブックにとどまるようRSU2490万株を受け取る。これは6日のフェイスブック株価水準で約19億ドルに相当する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。