入社5カ月、成果を出せない自分に自信喪失

メンタルを強くするにはどうすればいい?

自分の成果が会社の未来に直結すると書かれていますが、まったくもってそのとおりです。だからこそ、自分独りで悩みを抱え込まずに早め早めにシェアする、そして足りない箇所を補ってもらう、という行動が必要です。

多くの場合、人は決して独りでは成長できません。仕事はチームワークでやるものです。先ほどベンチャーの社長はビジネスにいちばん詳しい人だと申し上げましたが、できる人がすぐそばにいるからこそ、その経験やノウハウを積極的にダウンロードしてもらうことが可能なのはベンチャーならではですし、ぜひやるべきです。

自分としてはまだあまり付加価値を出せないということでしたら、すぐに社長に相談して方向設定をしてもらうのが重要です。ただ、その場合も、自分にはどこが足りないと思うのかを明確にして話をするかどうかによって、相手の反応も異なりますので、まずはご自身の行動の棚卸しを通じて自分自身の反省を行うということが求められます。

「守・破・離」の教え

そもそも営業としてサービスや商品を売ろうと思ったら、自社のサービスなりを誰よりも詳しくならないといけませんね。

では誰に聞くべきか、これまた社長に聞くのが近道です。まずはマネでもよいのです。そこから徐々にご自身のオリジナリティを出していくことで、仕事が徐々に洗練されてきます。武道でいうところの「守・破・離」の教えのとおりですね。

その一方で、慣れてくれば逆に社長に足りない部分は何かを考え、ご自身が補う努力をすることで、会社全体も前に進むスピードが上がります。

次ページ今日明日の勝負ではなく、長期で見て勝つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。