入社5カ月、成果を出せない自分に自信喪失

メンタルを強くするにはどうすればいい?

自分の成果が会社の未来に直結すると書かれていますが、まったくもってそのとおりです。だからこそ、自分独りで悩みを抱え込まずに早め早めにシェアする、そして足りない箇所を補ってもらう、という行動が必要です。

多くの場合、人は決して独りでは成長できません。仕事はチームワークでやるものです。先ほどベンチャーの社長はビジネスにいちばん詳しい人だと申し上げましたが、できる人がすぐそばにいるからこそ、その経験やノウハウを積極的にダウンロードしてもらうことが可能なのはベンチャーならではですし、ぜひやるべきです。

自分としてはまだあまり付加価値を出せないということでしたら、すぐに社長に相談して方向設定をしてもらうのが重要です。ただ、その場合も、自分にはどこが足りないと思うのかを明確にして話をするかどうかによって、相手の反応も異なりますので、まずはご自身の行動の棚卸しを通じて自分自身の反省を行うということが求められます。

「守・破・離」の教え

そもそも営業としてサービスや商品を売ろうと思ったら、自社のサービスなりを誰よりも詳しくならないといけませんね。

では誰に聞くべきか、これまた社長に聞くのが近道です。まずはマネでもよいのです。そこから徐々にご自身のオリジナリティを出していくことで、仕事が徐々に洗練されてきます。武道でいうところの「守・破・離」の教えのとおりですね。

その一方で、慣れてくれば逆に社長に足りない部分は何かを考え、ご自身が補う努力をすることで、会社全体も前に進むスピードが上がります。

次ページ今日明日の勝負ではなく、長期で見て勝つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング