消える「ダイエー」、変容するイオンの統治

食品スーパーのブランド統合は進むのか

だが、イオン関係者は「確かに中長期的には1ブランドが望ましいが、小商圏の食品スーパーは地域に定着しているので事情が少し異なる」と慎重だ。首都圏では、15年3月に持ち分法適用会社のマルエツやカスミ、マックスバリュ関東を統合し、子会社化する。各スーパーの屋号はそのままだ。「これはダイエーとは別。イオンとしては2本立てで首都圏を攻略する」(岡田社長)として、“例外”の扱いにしている。

今年度、3~8月の既存店売上高は、イオンリテールが前年同期比1・8%減、上場している食品スーパーも4社が減収で採算は厳しい。「ダイエーと規模感は異なるが、屋号だけでなく、地域別の食品スーパー子会社を統合し、本部費用などの間接費の削減を図るべき」(アナリスト)との指摘もなされる。

自主性と効率性のバランス

イオンは子会社上場に積極的で、食品スーパーや専門店、ドラッグストアなどを幅広く上場させてきた。「各子会社の経営陣に責任を持たせることができ、上場という目標があることで『起業家精神』の発揮にもつながる」(イオン関係者)からだ。

だが、今後、組織の再編などが浮上した場合、子会社の上場が阻害要因になるおそれはないだろうか。ダイエーの場合、店舗の大幅な入れ替えのために、完全子会社化と上場廃止を選択した。岡田社長自身、ダイエー再上場の可能性を問われた際に「今後のデジタルシフトの中で、(イオンの)あるべき形は、今は想像できないような形に変わってくる。必ず再上場させるとは言えない」と、グループ形態を変えざるをえない可能性も示唆している。

一方、大胆なテコ入れで、逆ベクトルも働く。M&Aを進めることができた背景には、同社の自主性を重んじる姿勢があり、被統合企業に一定の安心感をもたらしてきた。しかし、ダイエーは、プライベートブランド商品、屋号、そして上場企業としての地位も失う。事例を作ったことで、この先、統合される側の安心感が減衰しかねない。

今後要求されるのはイオングループ全体の成長だ。屋号や会社の急速な統合を図れば効率化は進む。だが一方で、M&Aのハードルは上がる。このジレンマの中で、イオンはあるべきグループ形態を探っていくことになる。

「週刊東洋経済」2014年10月11日号<10月6日発売>掲載の「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT