アングリーバードのロビオ、最大16%人員削減へ

ユーザー維持に苦戦

 10月2日、人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。香港で7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[ヘルシンキ 2日 ロイター] - 人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。全従業員の16%に相当するという。

ロビオのミカエル・ヘッド最高経営責任者(CEO)は声明で、現実よりも早い成長を想定して事業を進めてきたとした上で、「組織の簡素化を図り、人員削減を検討する必要がある」と明らかにした。

同社は「アングリーバード」ブランドをゲーム以外にもテレビのアニメ番組や玩具、衣料品にも拡大したが、ユーザー維持に苦戦している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。