アングリーバードのロビオ、最大16%人員削減へ

ユーザー維持に苦戦

 10月2日、人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。香港で7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[ヘルシンキ 2日 ロイター] - 人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。全従業員の16%に相当するという。

ロビオのミカエル・ヘッド最高経営責任者(CEO)は声明で、現実よりも早い成長を想定して事業を進めてきたとした上で、「組織の簡素化を図り、人員削減を検討する必要がある」と明らかにした。

同社は「アングリーバード」ブランドをゲーム以外にもテレビのアニメ番組や玩具、衣料品にも拡大したが、ユーザー維持に苦戦している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。