アングリーバードのロビオ、最大16%人員削減へ

ユーザー維持に苦戦

 10月2日、人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。香港で7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[ヘルシンキ 2日 ロイター] - 人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。全従業員の16%に相当するという。

ロビオのミカエル・ヘッド最高経営責任者(CEO)は声明で、現実よりも早い成長を想定して事業を進めてきたとした上で、「組織の簡素化を図り、人員削減を検討する必要がある」と明らかにした。

同社は「アングリーバード」ブランドをゲーム以外にもテレビのアニメ番組や玩具、衣料品にも拡大したが、ユーザー維持に苦戦している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。