オラクル会長が見せた「クラウドへの本気度」 オラクルオープンワールド2014現地リポート(1)

拡大
縮小

そして、午後6時過ぎに登場したのが、ラリー・エリソン会長だった。2014年を「クラウドビジネスに大きな弾みをつけた1年」と語り、次々にクラウド部門の膨大な成果を説明、「非常に忙しい1年だった」(エリソン会長)。

30年前に約束したことを守る

今回のエリソン会長は、ナンバーワン・クラウドへの「本気度」を見せた。アマゾンウェブサービスが提供するインフラ系(IaaS)だけでなく、セールスフォース・ドットッコムの行うプラットフォーム系(PaaS)だけでなく、すべてを提供していくという。

ラリー・エリソン会長兼CTO。ナンバーワン・クラウドに対する、並々ならぬ執念を見せた

まず、インフラについては、コモディティという判断からアマゾンウェブサービスやマイクロソフト「アジュール」と同じ低価格で提供。差別化を図るためのアプリケーションの充実に力を入れてきた。

それは「内部で開発するだけでなく買収もした。買収できないものは自社で開発した」(ラリー会長)。こうした積極策で、すでにSaaSでは世界2位の座にまで追い上げ、残す首位のセールスフォースも追い抜こうと意欲的だった。

その中核となるのが、オラクルの最強製品であるオラクルデータベース。この最新版である「12C」をボタン1つでクラウド上に上げるようにしたのだ。そもそも、テクノロジーの変化に対し、ストレスなしでアップグレードを果たして来たのが、オラクルの歴史という。

第一世代のミニコンピューターやメインフレームの時代から第二世代のPCやサーバーへ移行した際も、顧客はコードを書き換えることなく、オラクル側で対応したという。同様に第3世代のインターネットアーキテクチャーへの移行も顧客はコードを書き換える手間をかけないで済むようにした。その30年来の約束を、今回も果たそう。そして、ボタン一つでクラウドへ移行できるように開発を進めてきたのだという。

そして、できたのがモダンクラウド。「ボタンを押すとクラウドでデータベースが動くだけでなく、自動的にモダンなものになる」(エリソン会長)。その自信作の位置づけとして、他社製品との比較を行ったが、結果としてSAPなどの競合製品の弱点を挙げる格好となり場内を沸かせた。また、インフラについては、コモディティという判断からアマゾンウェブサービスやマイクロソフト「アジュール」と同じ低価格で提供すると思い切った。

そして、矢継ぎ早に新製品の紹介を行った。まず、データを一つもロスしない完全に自動化されリカバリーをやる「ゼロ・データ・ロス・リカバリー・アプライアンス」を発表。これを低価格で提供していく。また、ストレージの新製品のFS1を来月にも発売予定とし、EMCのライバル製品に比べ価格は半分以下ながら性能はあらゆる面で倍以上と胸を張った。

次ページ新CEOが語ったこと
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT