「土木PFI」推進に疑心暗鬼のゼネコン

国民生活の基盤であるライフラインが崩壊のプロセスにある--。

今から27年後にあたる2037年度。その時点から、社会資本の維持管理・更新に必要な予算が不足し、新たなインフラ投資に使えるカネが枯渇する。『平成21年度国土交通白書』に示された予測データだ(下グラフ参照)。

道路や港湾、下水道など高度成長期に集中整備された社会資本は、その半数以上が現在より19年後の29年度には、完成から50年経った高齢期に入る(下表参照)。国土交通省の大江真弘・政策調査専門官は予防保全の重要性を訴える。「早めに長寿命化対策をすれば、資金不足となる時期が10年間延びる。そうなれば更新できないストック分は6兆円と、予測より大幅に減る」。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。