「ダイエー」という屋号を失う会社の運命

赤字続きの子会社にイオンがテコ入れ

今後は首都圏と近畿圏に特化し、業態も絞り込んで来春に都内で1号店を開業する、食を中心にした新業態「イオンフードスタイルストア」と食品スーパーの2業態で事業を展開していく。北海道、九州の店舗はイオンのGMS(総合スーパー)子会社に移管され、早期にダイエーの屋号が消滅する。一方で食品スーパーは、イオンの食品スーパー子会社からダイエーへの移管もなされる見通しだ。

24日の会見で、岡田社長は「今後のeコマースの成長を前提にすると、大事なのはブランディング。これ(屋号)が分かれていることは、大きく不利になる。イオンとして屋号を整理する段階に来ている」と話していた。今後、イオンの業態、会社および屋号の整理がどう進むか、またマルエツやカスミが参加する首都圏スーパー連合との整合性など、着目すべき点は多い。

会社は残るのか?

完全子会社化されるダイエーで注目すべきは、中期的に会社が残るかどうかだ。今回の発表の中で、イオンは3年から5年後をめどに、”新生ダイエー”が「売上高5000億円、営業利益率3%を実現できる企業となることを、中長期的な目標としている」との方針を示した。だが、かつて経営破綻後にイオンが支援したマイカルは、「ビブレ」「サティ」の屋号だけでなく、会社もイオンリテールに吸収合併され消滅した。

14年2月期末にダイエーは、税効果会計上で約500億円の繰越欠損金があるが、期間損益が改善する見通しが立たないため、税負担を控除する恩恵(最大9年間)を受けられない状況にある。いわば”宝”の持ち腐れの状況だが、完全子会社化した後にグループ内の黒字会社と合併すれば、その恩恵を受けられる。

ダイエーの期間赤字や繰越欠損金の規模を考えると、吸収合併の相手先は全国の「イオン」を運営するグループの中核会社、イオンリテール1社に限られるだろう。もちろん、イオンリテールがダイエーを子会社化し、連結納税制度を利用する手もあるが、市場関係者からは「完全子会社化は吸収合併の布石では」との声も浮上し始めている。「ダイエー」という屋号が消滅することが決まっている中、果たして、”新生ダイエー”はどんな運命をたどるのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT