イオンはダイエーを再建できるのか

丸紅からダイエー株を買い子会社化へ

流通大手のイオンは、4月にもダイエーへの株式公開買い付け(TOB)を実施し、子会社化すると発表した。ダイエー株を約29%持つ筆頭株主の丸紅はTOBに応じ、約24%分を約130億円で売却。イオンは持ち株比率を44%以上に引き上げる。グループの売り上げ規模は6兆円を超す。

バブル崩壊後に多額の負債を抱えたダイエーは、産業再生機構からの支援を経て、丸紅とイオンの下で再建に取り組んでいるものの、業績は回復せず、2013年2月期は5期連続の最終赤字となる見通しだ。

次ページ責任の所在があいまい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT