産業リサーチ(放送・広告) イトーヨーカ堂の縁切りに揺れる東急エージェンシー

広告代理店大手・東急エージェンシー(TA)が、イトーヨーカドー(IY)グループから縁切りされるというピンチにさらされている。TAにとって、IYは年間の取引額が250億円前後にのぼる最大のクライアント。年商が2000億円を切っているTAにとっては、まさに屋台骨を揺るがしかねない重大事である。
 なぜこのような事態が生じたのか・・・・。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。