産業リサーチ(放送・広告) イトーヨーカ堂の縁切りに揺れる東急エージェンシー

広告代理店大手・東急エージェンシー(TA)が、イトーヨーカドー(IY)グループから縁切りされるというピンチにさらされている。TAにとって、IYは年間の取引額が250億円前後にのぼる最大のクライアント。年商が2000億円を切っているTAにとっては、まさに屋台骨を揺るがしかねない重大事である。
 なぜこのような事態が生じたのか・・・・。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大空室時代が来る!<br>不動産投資サバイバル

ブーム一服の不動産投資。空室率悪化、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻など危うい気配も。多額のローンを抱えるサラリーマン投資家はどうなる?最新空室率マップも掲載。