産業リサーチ(金融) 高木新二郎・産業再生委員長が金融庁の態度に激怒

りそな国有化の余韻さめやらぬ5月29日に、「産業再生機構・金融庁連絡会」の初会合がもたれた。連絡会の目的は、「産(業)金(融)一体再生」をめざして産業再生機構と内閣府産業再生機構担当室、そして金融庁が緊密に連絡を取り合っていく、というもの。初会合をつつがなく進めるため、事務方は「当日は生々しい話題であるりそなについて一切、口にしないように」と根回し。あくまで一般論を話そう、ということになった。
 が、産業再生に命を燃やす高木新二郎産業再生委員長が納得するはずがない。まさに「懇談」をするだけのほのぼのとした会合にしびれを切らし、踏み込んだ発言を・・・・。
 会合終了後、高木委員長はプッツン。会合終了後には「金融庁は何を考えているんだ。何も協力する気がないじゃないか。もう辞めてやる」と”瞬間湯沸かし器”が一気に沸点を超えたという。どのようなやりとりが行われたのか・・・・。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。