産業リサーチ(金融) 高木新二郎・産業再生委員長が金融庁の態度に激怒

りそな国有化の余韻さめやらぬ5月29日に、「産業再生機構・金融庁連絡会」の初会合がもたれた。連絡会の目的は、「産(業)金(融)一体再生」をめざして産業再生機構と内閣府産業再生機構担当室、そして金融庁が緊密に連絡を取り合っていく、というもの。初会合をつつがなく進めるため、事務方は「当日は生々しい話題であるりそなについて一切、口にしないように」と根回し。あくまで一般論を話そう、ということになった。
 が、産業再生に命を燃やす高木新二郎産業再生委員長が納得するはずがない。まさに「懇談」をするだけのほのぼのとした会合にしびれを切らし、踏み込んだ発言を・・・・。
 会合終了後、高木委員長はプッツン。会合終了後には「金融庁は何を考えているんだ。何も協力する気がないじゃないか。もう辞めてやる」と”瞬間湯沸かし器”が一気に沸点を超えたという。どのようなやりとりが行われたのか・・・・。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。