「スタバの次」の時代到来は必然である?

ブルーボトル人気の裏にある、人間の本質的欲求

1990年代前半に経営危機に陥ったIBMは、事業展開する世界170カ国で成功し続けるためには、市場の多様性を真に理解し、社員たちが多様な考え方や文化を尊重し合うことが重要と考えた。そうして、障害を持つ社員、女性、民族、GLBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー)のグループに分けて責任者を任命し、ダイバーシティ変革を進めていったのだ。その後、IBMが大復活を遂げたのは、みなさんご存じのとおりだ(参照:日本IBM ProVISION 2009 Winter 多様な人材の育成に対するIBMの取り組み)。

別の視点で考えてみよう。たとえば、あなたが日々使っているスマホのアンドロイド。あるいは毎日アクセスしているインターネット上にあるサーバー。これらのコンピュータを動かしているのは、「オープン&シェア」の産物である基本ソフト「Linux」だ。

かつて基本ソフトは、ソフトウエア会社が大量のヒト・モノ・カネを投入して開発するものだった。「ソースコード」と呼ばれる基本ソフトのプログラムは、門外不出の最高機密として厳重に管理されてきた。

しかしこの最高機密であるソースコードを全て誰でも見られるように公開したのがLinuxだ。

Linuxは、1991年にフィンランド・ヘルシンキ大学の学生だったリーナス・トーバルズが個人で始めたプロジェクトだ。誰でもソースコードを入手して修正できるし、誰でも開発プロジェクトに参加もできる。よいプログラムを書いて認められれば、Linux本体に組み込まれる。世界中の腕に覚えがあるプログラマー、ベンチャー、大企業が、まさに「オープン&シェア」の発想で一緒に開発し育てたLinuxは、今やマイクロソフトと並んで強大な存在感を放っている。

大量生産が「割に合う」時代の終わり

こうしたIBMやLinuxが体現してきた新しい価値感が、ついにコーヒー業界に流れ込んできた。その象徴が、ブルーボトルだとも言えるのだ。

もちろん、これまで世界中の大企業が「標準化と均質性の追求」「独占、クローズ」の価値観で経営されてきたのは、それが合理的だったからだ。

コーヒー業界も同じで、大量生産したコーヒーの安定供給が何よりも優先された。コーヒー豆の産地や品質より、取引所で一定価格で取引されること、つまり「質よりも量」が重要だったのだ。一方、個人や小さい会社が品質にこだわったコーヒー豆を調達しようとしても、情報のやり取りだけで大変で、割に合わなかった。

次ページこれこそが、根源的な欲求
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。