18日住民投票、なるか「スコットランド独立」

キャメロン英首相、英連邦にとどまるよう訴え

 9月15日、英国のキャメロン首相は訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。写真は同日、スコットランドのアバディーンで演説する同首相(2014年 ロイター/Dylan Martinez)

[アバディーン(スコットランド) 15日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は15日、訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。

キャメロン首相はスコットランドのアバディーンを訪問し、「住民投票で独立賛成が多数となれば、英連邦は分裂する」とし、独立が否決されれば、スコットランドに多くの権限が委譲されるとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT