18日住民投票、なるか「スコットランド独立」

キャメロン英首相、英連邦にとどまるよう訴え

 9月15日、英国のキャメロン首相は訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。写真は同日、スコットランドのアバディーンで演説する同首相(2014年 ロイター/Dylan Martinez)

[アバディーン(スコットランド) 15日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は15日、訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。

キャメロン首相はスコットランドのアバディーンを訪問し、「住民投票で独立賛成が多数となれば、英連邦は分裂する」とし、独立が否決されれば、スコットランドに多くの権限が委譲されるとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。