18日住民投票、なるか「スコットランド独立」

キャメロン英首相、英連邦にとどまるよう訴え

 9月15日、英国のキャメロン首相は訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。写真は同日、スコットランドのアバディーンで演説する同首相(2014年 ロイター/Dylan Martinez)

[アバディーン(スコットランド) 15日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は15日、訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。

キャメロン首相はスコットランドのアバディーンを訪問し、「住民投票で独立賛成が多数となれば、英連邦は分裂する」とし、独立が否決されれば、スコットランドに多くの権限が委譲されるとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。