18日住民投票、なるか「スコットランド独立」

キャメロン英首相、英連邦にとどまるよう訴え

 9月15日、英国のキャメロン首相は訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。写真は同日、スコットランドのアバディーンで演説する同首相(2014年 ロイター/Dylan Martinez)

[アバディーン(スコットランド) 15日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は15日、訪問先のスコットランドで、18日の独立の是非を問う住民投票で独立に投票しないよう訴えた。

キャメロン首相はスコットランドのアバディーンを訪問し、「住民投票で独立賛成が多数となれば、英連邦は分裂する」とし、独立が否決されれば、スコットランドに多くの権限が委譲されるとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。