アフリカに賭ける 布施克彦著

アフリカに賭ける 布施克彦著

清水孝は、2006年1月、東アフリカのウガンダで事故死した。享年65。アフリカは、商社マンの彼が人生のメインステージに選び、夢を追い続けた場所だった。

五分刈り頭の小柄な男は27歳で勇んで赴任。半そでシャツにジーパン、アタッシェケースをぶら下げ、アポイントも取らずに、日本製品を売り込むため、目についた工場や事務所に飛び込んでいった。

生の喜び、死の恐怖、大いなるものへの畏怖、自然や動植物との共生、そして人間同士の心や魂の触れ合い。それらと直接正面から向き合うことに執着した清水にとって、その諸要素が地球上で最も保存され、露呈している場所がアフリカだったに違いない。

一般にはエリートと呼ばれる人だが、高い地位に出世したわけではない。人間の基本にこだわり、やりたいことをやり通す。そうした人生をどうしたら送れるか思案する人に、主人公の軌跡は大いに参考になる。

彩流社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。