スタバ、快進撃の主役は限定フラペチーノ

鳥取出店でついに47都道府県を制覇へ

上方修正を牽引したのはバナナフラペチーノだった

ヒットの原動力となったフラペチーノのこれからについては、未定というが、「バナナフラペチーノの展開で学ぶことも多くあり、今後に生かしていきたい」(同)と述べるなど、この先の投入も十分ありえそうだ。

勢いに乗るスタバは、今期の出店計画も強気だ。店舗純増数は55店を計画(前期49店)。2015年初夏には、唯一、出店していなかった鳥取県に第1号店を出すことも決定した。日本に1号店ができてから18年。これで47都道府県全てに出店することになる。今後は出店数も年々増やす方針で、人員面も含め一段とコストが増すのは必至である。主力商品のテコ入れが重要なのは言うまでもない。

秋から冬の季節となる下期、氷菓飲料であるフラペチーノの販売は相対的に落ち込む傾向にある。フラペチーノにとどまらず、別な限定品などを効果的に投入できるかどうかが、さらなる上方修正を達成するカギになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT