スタバ、快進撃の主役は限定フラペチーノ

鳥取出店でついに47都道府県を制覇へ

上方修正を牽引したのはバナナフラペチーノだった

ヒットの原動力となったフラペチーノのこれからについては、未定というが、「バナナフラペチーノの展開で学ぶことも多くあり、今後に生かしていきたい」(同)と述べるなど、この先の投入も十分ありえそうだ。

勢いに乗るスタバは、今期の出店計画も強気だ。店舗純増数は55店を計画(前期49店)。2015年初夏には、唯一、出店していなかった鳥取県に第1号店を出すことも決定した。日本に1号店ができてから18年。これで47都道府県全てに出店することになる。今後は出店数も年々増やす方針で、人員面も含め一段とコストが増すのは必至である。主力商品のテコ入れが重要なのは言うまでもない。

秋から冬の季節となる下期、氷菓飲料であるフラペチーノの販売は相対的に落ち込む傾向にある。フラペチーノにとどまらず、別な限定品などを効果的に投入できるかどうかが、さらなる上方修正を達成するカギになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT