20、30代が「おせち料理」を作り始めた納得の理由

オンラインでおせちを学んで「開眼」した人も

若い世代がおせち料理にひかれる理由とは(写真:electravk/iStock)

自宅で過ごす時間が増えたコロナ禍、若い世代のおせち作り熱が高まっている。インスタで、「#おせち料理」で検索すると、従来の重箱に詰められたものから、ワンプレートのものまで、さまざまなおせちが出てくる。

実際、紀文が毎年行っている正月の全国調査では、すでにコロナ前から、40~50代より20~30代のほうが正月を大切な伝統行事と位置づけ、おせち作りに熱心な傾向が出ていた。コロナ禍の2021年1月に行った「紀文・お正月全国調査2021」では、親族で集まった人が前年69.0%から42.2%へと大きく減少する中、全体の約7割がおせち料理を食べたと回答。そして帰省が難しくなったためか、「今年初めてまたは久々に用意した割合が、全世代で増加」した。

オンラインのおせち教室も

オンラインでおせち作りを学べる教室もある。料理家の今井真実氏(40)と、自炊料理家の山口祐加氏(29)も昨年オンラインで教室を開催して好評を得た。

今井氏は長年、3~6人が参加するリアルの料理教室を主宰しており、山口氏も2019年におせち教室に参加する予定だった。ところが、今井氏がインフルエンザにかかり中止に。その後、やり取りを続けるうちに2人は親しくなり、今井氏から教わることになったが、「今井さんを私が独り占めするのはもったいないので、オンラインレッスンを持ち掛けたんです」。

今井氏にとってオンラインは初挑戦だったが、昨年末には30代の女性を中心に20名が参加。3300円で5品教えた。選んだのは紅白なます、たたきごぼう、伊達巻、エビのうま煮、イモきんとん。手間がかかりすぎず、残ったものをリメイクしやすい料理を選んだ。

「おせち全体としては難しい印象があるかもしれませんが、分解して単品を見ると、そんなに難しくないんです。里芋やニンジンなどの食材をそれぞれ別の味つけで煮含め、最後に合わせる炊き合わせ(煮しめ)はプロセスが複雑になるので、オンラインでは外しました。私はよく残った炊き合わせを串揚げにするんです。傷みやすいニンジンは梅干しで煮るなど、創作串カツ屋のように1つひとつに仕事がしてあるから、正月だけの贅沢。残ったおせちを冷凍しておけば、1カ月は楽しめますよ」と今井氏。

また、残ったなますとエビのうま煮、そしてパクチーとピーナッツを加えたらベトナムのサンドイッチ、バインミーにもなるというリメイク術も教えたという。

次ページ「今まで食べていたおせちは何だったんだ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT