多くの人は「アラブの春」を大きく勘違いしている

欧米の基準ではイスラム教を理解するのは無理

2011年に始まった「アラブの春」は本当に民主主義を求める戦いだったのか(Moises Saman/The New York Times)

2011年、著者は夫と娘と3人でエジプト・カイロに降り立った。時は「アラブの春」による政治的動乱の真っただ中。ノンフィクション・エッセイ『エジプトの空の下』を書いたイスラム思想研究者の飯山陽氏にエジプトでの“刺激的”すぎる日々について聞いた。

「お前は全身が恥部だ」

──30年に及ぶムバラク政権崩壊の直後、どんな日常でしたか?

第1に、死が非常に身近にありました。テロが多発し、爆弾の音で目が覚める。娘が通う幼稚園から「近くで銃撃戦が始まったので、迎えに来てください」と結構な頻度で電話がかかってきた。町中で弾丸が飛び交い、爆弾も車の下、路肩、学校・幼稚園そこここに。

大混乱の原因であるイスラム過激派のムスリム同胞団は、敵であるエジプト当局の庇護(ひご)下にある外国企業、外国人学校、外国人居住区をも攻撃対象にしてきました。

──過激派指導者への取材場面、武力で政権打倒を叫ぶムルガーン師は開口一番、「お前は全身がアウラ(恥部)だ」と言い放った。

視線を落とし決して目を合わせるなと。イスラム教において、女性+異教徒である自分がダブルで二流市民であり、見下される存在であることは承知していたけど、面と向かって言われるとやはり衝撃でした。

伝統的社会に生きる女性たちにはそれが当たり前でも、私は「女は恥部」の価値観を批判的に捉えているので、心情として受け止められなかった。ふざけるなと思いつつ、インタビュー中も「カメラマンの背後に隠れ姿をさらすな」という指示に従いました。

次ページアラブの春に対する大きな誤解
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT