年1000人超の子どもが行方不明!日本の驚く現実

「ミッシングチルドレン」親たちの苦悩

証言台に立った全身黒ずくめの野上被告は最後に、

「今回は普通の事件じゃない。今まで誘拐は何度もあったけど、母親を追いかけて云々ということはなかった。その理由は怪しくないか証言台に立ったら。自分の子どもがいなくなったら皆、泣きながら捜している。小倉とも子とは現地(の山梨)で会っているけど、捜しているのは1回も見たことがない」

などと支離滅裂な主張を続けた。公判終了後、とも子さんは嘆息まじりにこう語った。

「悲しんでいないみたいに言われたことがいちばん傷つきました。結局は、自分の犯した罪をわかっていないんだとがっかりしました。被告は『社会的正義のため』と誹謗中傷を正当化していますが、その先に美咲の帰りを待つ家族が苦しんでいることを理解してもらいたい

判決は12月半ばに言い渡される予定だ。野上被告のほかにも誹謗中傷者は多数いて、とも子さんは、投稿者の情報開示を求める裁判を相次いで起こしている。

【小倉美咲ちゃんに関する情報提供は】
大月警察署 0554-22-0110 小倉美咲ちゃんHP

沈黙の理由、大阪女児誘拐事件の親

わが子が行方不明になった親に対しては、誹謗中傷にとどまらず、その弱みにつけ込んで詐欺まがいの行為を働く者さえいる。

秋晴れとなった11月20日の昼下がり。

大阪難波の高島屋前を行き交う人混みの中に立ち、スーツ姿の吉川永明さん(61)と妻の美和子さん(60)が、「ご協力お願いします」と頭を下げていた。2人が手渡しているティッシュには、「吉川友梨ちゃんを捜しています!」と太字で書かれたチラシが挟み込まれている。

(写真:週刊女性PRIME)

友梨さんは2人の長女。今から18年半前の2003年5月20日、当時小学4年の友梨さん(27)は、大阪府熊取町で学校からの帰宅途中、突如として姿を消した。友梨さんは、熊取町立北小学校に通っていた。その日は社会科見学で、学校で解散した後、午後2時40分ごろに同級生3人と下校。途中の交差点で3人と別れ、1人になった。

最後の目撃情報は、自宅から約400メートルの路上だ。現場は緩やかな上り坂で、住宅が密集しており、公民館や寺院も近い。友梨さんがいなくなった時間帯は、人通りや車の通行がないわけではない。その路上を友梨さんは1人で歩き、自転車に乗った同級生と軽く言葉を交わした後、消息が途絶えた。

大阪府警はこれまで、捜査員延べ約10万300人を投入。現場付近で不審な白いトヨタクラウンが目撃されていることから、誘拐事件とみて捜査を続けている。寄せられた情報は約5000件に上るが、事件解決につながる有力情報はない。

次ページ難波のチラシ配りに集まったのは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT