母娘を6年間引き裂いた衝撃の「誘拐犯」の正体

火災で「死亡した」はずの娘をさらったのは…

母のルースが娘のデリマールを抱きしめる。笑顔の2ショット(写真:フジテレビ提供)

2019年5月、その女性は、私たちの前に現れた。

「母が諦めていたら、きょう、あなた方とこうしてお話しする機会はなかったでしょう」

女性の名は、デリマール・ヴェラ。

笑顔で語る21歳の彼女は、かつて、生後わずか10日にして「火災により焼死した」とされた。

インタビューに笑顔で答える21歳のデリマール(写真:フジテレビ提供)

「父は死亡証明書にも署名したの。私は死んだことになっていたのよ」

デリマールの生存が世の中に知られるまで、実に6年3カ月……彼女の運命を翻弄したのは、前代未聞の誘拐事件だった。

「目撃!超逆転スクープ4 ~娘を救え!命をかけた母の闘い 愛と涙の生還SP~」(フジテレビで7月13日(土)よる9時~放送)では、アメリカで起きた母娘の奇跡の再会ミステリーに迫った。

1997年12月15日、アメリカ・フィラデルフィア郊外……。クリスマスを目前に、ルース一家は幸せに包まれていた。10日前、2人の兄に続いて生まれたのは、母・ルースが待ち望んだ女の子。笑うとえくぼができる赤ちゃんは、デリマールと名付けられた。その日も、生まれたばかりの赤ちゃんを一目見ようと、夫・ペドロの母や、いとこのキャロリンがルースの家を訪れていた。

「私も同じ日に女の子を産んだばかりなの」

この日、ルースとは初対面のキャロリンは、偶然にもルースと同じ日に女の子を出産したと語っていた。

炎の中に消えた生後10日の娘

午後7時頃、爆発音とともに2階から火の手が上がった。慌てて2階に駆け上がるルース。デリマールが寝ていた寝室は、すでに炎に包まれていた。デリマールを助けようとするも、激しい炎に阻まれ、なす術がなかった。

「まだあの子が中にいるの! お願い助けて」

集まった多くの人々が、泣き叫ぶ母の姿を目撃していた。デリマールがいた2階の寝室は全焼。ベビーベッドは跡形もなく燃え尽き、消防は「赤ちゃんの遺体は燃え尽きた」と断定。警察も「死亡」と断定した。

このとき、地元テレビ局のカメラは、消防士が大事そうに運ぶ、小さな黄色い包みを捉えていた。中には、何かが燃え尽きた灰の塊……誰もがデリマールの“遺体”だと理解した。翌日の地元紙には、こんな記事が掲載される。

「生後10日の赤ちゃんが火災で死亡」

ルースは悲劇の母親となった。

次ページ誰も信じてくれない、たった1人の闘い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。