母娘を6年間引き裂いた衝撃の「誘拐犯」の正体

火災で「死亡した」はずの娘をさらったのは…

母のルースが娘のデリマールを抱きしめる。笑顔の2ショット(写真:フジテレビ提供)

2019年5月、その女性は、私たちの前に現れた。

「母が諦めていたら、きょう、あなた方とこうしてお話しする機会はなかったでしょう」

女性の名は、デリマール・ヴェラ。

笑顔で語る21歳の彼女は、かつて、生後わずか10日にして「火災により焼死した」とされた。

インタビューに笑顔で答える21歳のデリマール(写真:フジテレビ提供)

「父は死亡証明書にも署名したの。私は死んだことになっていたのよ」

デリマールの生存が世の中に知られるまで、実に6年3カ月……彼女の運命を翻弄したのは、前代未聞の誘拐事件だった。

「目撃!超逆転スクープ4 ~娘を救え!命をかけた母の闘い 愛と涙の生還SP~」(フジテレビで7月13日(土)よる9時~放送)では、アメリカで起きた母娘の奇跡の再会ミステリーに迫った。

1997年12月15日、アメリカ・フィラデルフィア郊外……。クリスマスを目前に、ルース一家は幸せに包まれていた。10日前、2人の兄に続いて生まれたのは、母・ルースが待ち望んだ女の子。笑うとえくぼができる赤ちゃんは、デリマールと名付けられた。その日も、生まれたばかりの赤ちゃんを一目見ようと、夫・ペドロの母や、いとこのキャロリンがルースの家を訪れていた。

「私も同じ日に女の子を産んだばかりなの」

この日、ルースとは初対面のキャロリンは、偶然にもルースと同じ日に女の子を出産したと語っていた。

炎の中に消えた生後10日の娘

午後7時頃、爆発音とともに2階から火の手が上がった。慌てて2階に駆け上がるルース。デリマールが寝ていた寝室は、すでに炎に包まれていた。デリマールを助けようとするも、激しい炎に阻まれ、なす術がなかった。

「まだあの子が中にいるの! お願い助けて」

集まった多くの人々が、泣き叫ぶ母の姿を目撃していた。デリマールがいた2階の寝室は全焼。ベビーベッドは跡形もなく燃え尽き、消防は「赤ちゃんの遺体は燃え尽きた」と断定。警察も「死亡」と断定した。

このとき、地元テレビ局のカメラは、消防士が大事そうに運ぶ、小さな黄色い包みを捉えていた。中には、何かが燃え尽きた灰の塊……誰もがデリマールの“遺体”だと理解した。翌日の地元紙には、こんな記事が掲載される。

「生後10日の赤ちゃんが火災で死亡」

ルースは悲劇の母親となった。

次ページ誰も信じてくれない、たった1人の闘い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。