母娘を6年間引き裂いた衝撃の「誘拐犯」の正体

火災で「死亡した」はずの娘をさらったのは…

途方にくれるルースが町を歩いていたとき、目に留まったのは選挙活動中の州議会議員、エンジェル・クルーズだった。「自分を助けてほしい。私の話を信じてくれないか」。直談判を試みたルースの情熱に、同じヒスパニック系のルーツを持つ州議員の心が動いた。娘を失ってから6年……。ルースにとって初めて、自分の話を信じてくれた人物が現れた。

クルーズ議員はすぐに検察へ“事件”の再捜査を依頼する。そしてついに、警察がデリマール捜索に動き出した。

絶対に諦めなかった母の執念が生んだ奇跡

「私の30年の経験の中で、最も難しく、最も記憶に残る事件でした」。そう語るのは、地元警察の元捜査官、マイケル・ボイル。「精神的におかしくなってしまった母親」として、警察にも知られていたルースの話を最初に聞いた一人だ。

「私はあの火災を覚えていました。ルースの話には説得力があり、非常に引きつけられるものでした」

警察による6年前の火災の再検証が始まり、さまざまな事実が明らかになった。

見つからなかったデリマールの遺体。火災はわずか14分で鎮火しており、乳児といえども骨まで燃え尽きることはありえない。

そして、消防士が運び出した、あの“遺体”の正体は、カーペットが燃え尽きて固まったもの。

小さく固まったカーペットの残骸を消防士が“遺体”と勘違いし、運び出す様子がカメラに捉えられたのだった。

そしてついに、捜査の手はキャロリンのもとへ伸びる。キャロリンと娘・アリーヤの口内の粘膜を採取し、DNA型鑑定を行うのだ。しかし、ここでもキャロリンの妨害工作が立ちはだかる。採取の直前、捜査員の目の届かないところで、アリーヤの口に薄めた漂白剤をスプレーしたのだ。結局、アリーヤがこの事実を捜査員に話したため、翌日に再びDNAの採取が行われた。

このDNA型鑑定の結果、キャロリンとアリーヤには親子関係がないことが証明され、「キャロリンが少女を誘拐した」と断定された。

そして、ルースとアリーヤの鑑定結果が告げられる……。

「あの少女はデリマールです。あなたは正しかった」

ルースの目から涙があふれ、止まらなかった。

誰からも信じてもらえず、周囲から心を病んでいると言われ続けた母が、自分を信じ、闘い続けた6年3カ月……。わずか生後10日で、生き別れた娘を、ようやく自分の腕の中に取り戻した瞬間だった……。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。