年1000人超の子どもが行方不明!日本の驚く現実

「ミッシングチルドレン」親たちの苦悩

難波のチラシ配りに集まったのは、友梨さんの両親のほか、これまで一緒に取り組んできたNPO法人「あいうえお」(同府貝塚市)のボランティアや大阪府警の捜査員ら総勢約30人。終了後、永明さんにコメントを求めると、

「取材のほうはお断りしています。どちらの(メディアの)会社でもご勘弁ください。事情がありますので帰ります。失礼します」

と語り、足早に立ち去った。 

取材に消極的な背景に「詐欺被害」

発生以来、吉川夫妻の支援活動を続けてきた同NPO法人の郡山貴裕事務局長(60)は、永明さんが取材に消極的な理由についてこう説明した。

「お父さんがメディアの取材を断るようになったのは、詐欺被害に遭ったと報道されたときからです」

永明さんは事件発生の翌月から4年以上にわたり、「友梨さんの居場所を知っている」などと近づいてきた男女2人に総額約7400万円をだまし取られていた。しかし永明さんは警察にもその事実を伝えることなく、2008年12月に発覚。この男女2人は詐欺容疑で逮捕、起訴され、後に大阪地裁は懲役9年の有罪判決を言い渡した。2011年には、インターネットの掲示板に「(友梨さんを)殺害した」と書き込んだ20代の男も逮捕されている。

郡山事務局長が続ける。

小学校4年生のときに行方不明になった吉川友梨さんは現在27歳に。写真は当時の姿と現在の予想(写真:週刊女性PRIME)

「発生当初、NPOのホームページにお父さんの手紙を掲載していたのですが、その文章に少しずつ異変を感じました。ちょうど詐欺被害に遭っていたころで、精神的にかなり参っているようでした。以来、他人への不信感が強まり、メディアからの取材はすべて断っています」

子どもが行方不明になって負った心の傷に、塩を擦り込むかのような誹謗中傷や詐欺行為。二次被害、三次被害とその傷口が広がるうちに、誰を信用してよいのかわからなくなる。そんな折れた心にむち打つかのように、街頭に立って頭を下げる。

もうそっとしておいてほしい――。

「失礼します」

と右手を上げて遮るように立ち去った永明さんの姿が、そんな声なき声を発しているように聞こえた。行方不明児の親たちの苦悩は続く。

【吉川友梨さんに関する情報提供は】 大阪府泉佐野警察署 0724-64-1234
水谷竹秀(みずたに・たけひで)/ノンフィクション・ライター。1975年生まれ。上智大学外国語学部卒。2011年『日本を捨てた男たち』で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞。10年超のフィリピン滞在歴をもとに、「アジアと日本人」について、また事件を含めた世相に関しても幅広く取材。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT