年1000人超の子どもが行方不明!日本の驚く現実 「ミッシングチルドレン」親たちの苦悩

印刷
A
A
保育園時代の小倉美咲ちゃん(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(7枚)
警察庁の統計によると全国の行方不明者は年間8万人超。うち、9歳以下の子どもが1000人強も! なぜ子どもたちは突然消えてしまったのか。残された親たちはどうすればいいのか――。2件の行方不明事件に迫った。

年間約8万人――。

この数字は日本全国の警察に届けられる行方不明者の数である。警察庁によると、統計が残っている昭和31年以降は年間、8万〜11万件を推移していたが、平成18年以降は8万件台が続き、直近の令和2年は約7万7000件と最も少なかった。

それでも1日当たり200件以上の届け出がされている計算だ。大半は届け出た当日〜1週間以内に不明者の所在が確認でき、事なきを得るのだが、中には所在確認までに数カ月、長いときで2年以上かかるケースもある。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

行方不明の原因・動機としては、「疾病関係」が全体の3割を占めて最も多く、このうち7割超が当事者に認知症の疑いがあった。続いて「家庭関係」「事業・職業関係」「異性関係」の順で、とりわけ未成年者の女性が対象になると、誘拐・監禁といった事件性を帯びてくる

1990年に新潟県三条市で女児(当時9)が行方不明になり、中年男性によって9年以上監禁された事件や、2014年に埼玉県朝霞市で少女(当時13)が誘拐され、大学生によって2年間監禁された事件などがそれで、いずれも世間を震撼させた

前述の統計によると、9歳以下の子どもに限定すれば、令和2年の行方不明者数は1055人で、過去5年間は1100〜1200人台を推移している

「誰かと一緒」の可能性に言及、山梨不明女児の母

大人の行方不明とは違い、子どもの行方不明の多くは何かしらの事件に巻き込まれている可能性があるという(写真:週刊女性PRIME)

そのうちの1人、千葉県成田市出身の小倉美咲ちゃん(9)は2019年9月21日、山梨県道志村のキャンプ場で忽然と姿を消した。母親のとも子さん(38)が一瞬、目を離した隙にいなくなってしまったのだ。山梨県警はこれまでに捜査員延べ約3900人を投入し、寄せられた情報は約4300件に上るが、美咲ちゃんの行方はわからないままだ。

とも子さんは現在も毎月2回ペースで山梨県へ通い、情報提供を求めるチラシを配るなどの活動を続けている。10月末には、自身が開設したホームページに、「大切な美咲へ」と題した文章を投稿し、発生以来のこれまでの思いをしたためた。その中で、美咲ちゃんが誰かと一緒にいる可能性に初めて言及し、その相手にこう問いかけた。

《2年間美咲と一緒に生活してあなたの生活はいかがでしたでしょうか》(原文ママ、以下同)

これに続けてとも子さんは、美咲ちゃんを妊娠した当時の記憶をたどり、行方不明になるまでの7年間、家族一緒に過ごした数多の思い出を、切々とつづっている。そして「あなた」にこう訴える。

次ページ続く嫌がらせや中傷
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT