「遊んで学び友達作って稼ぐ」コミュニティの秘密 「宇宙とロボットの時代」はライフシフトが肝だ

拡大
縮小

有給や産休を増やすよりも、「子どもがいても働ける環境を作る」ということが大切で、実は、そのほうが喜ぶ女性も多いのではないかと思っています。選択肢がいろいろあることが大事ですね。

家族のような会社でも「成果主義」

弊社では、子どもがいながら働く人がほとんどで、会議にも子どもを連れてくるのが普通ですし、みんなでお互いの子どもを見ていました。「子どもが熱を出して会議に出られません」と言われても、普段見ていますから、「いいよ、お大事にしてくださいね」とみんなが思えます。

みんな仲はよく、家族のような会社ですが、成果主義でもあります。「私はこれをやる」と言った仕事を、きちんとやってくれればいいんです。自分の責任の範囲を、無理はしない範囲できちんと全うするなら、リモートでも、海外にいても構わないというスタンスでいます。

男性のロールモデルを作ってもいいですね。育児中の男性も多いので、いま、男性だけの子連れ座談会をやろうと企画中です。

朝5時に起きて、午前中に仕事を終え、午後は子どもと遊んでいるという男性がけっこう多いですね。もちろん仕事があれば午後も動いてくれますが、早起きすれば、十分スケジューリングできます。「時間をお金で買う」と考えて、家事代行に外注している旦那さんもいます。これも1つのロールモデルでしょう。

大企業も、少しは感覚は変わったかもしれませんが、やはり、海外に比べて、日本は、リモートになって効率が良くなったという人が少ない状況です。これまで成果以外のことで評価されてもきましたから、これからの時代、変わらなければいけません。

(構成 泉美木蘭)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT